いくらでも魚はいる

感想文と旅行

banana in my ear <ベイビー・ドライバー>

ララランド(未見)のような映画らしいとなんとなく思っていて、レイトショーで寝てしまうことを危惧したものの、冒頭から真っ赤なスバルで銀行に押し入ろうという男女が現れ、ほっとした。犯罪に手が染まらない話には集中することができないのです。

getaway driverのベイビーは常にサングラスで目をふさぎ、イヤホンで耳をふさぎ、会話は歌詞と映画の引用でなるべく多くをすまそうとしていて、つまり口もふさがれている。その世界に属している里親のジョーもまた口がきけず手話で会話するが、I'm not talking about meと2度にわたって言うように、彼らは自分のことを語れず、ベイビーが最も饒舌に話すのは「ジョーとして」録音を残す場面だ。この映画は過去に傷ついた若者にやさしい恋と結末がめぐってくるけれど、現実には自分の感情を語れない者にはそんな幸運は訪れない。

それはそれとして、2人がぎこちなくお互いを知ろうとするコインランドリーの場面は、最後にぐるぐる回っていた服がレコードに変わるところまで素敵だ。

この映画では絵に描いたようなアメリカンダイナーが出てきて、そこで働くヒロインの衣装もなんだか時代がかっている。しかし突然現れるピンクにデコったiPodのように、強盗の共犯者たちはあくまでも現代のキャラクター造形で、特にジェイミー・フォックスはどんどんエスカレートしていって、ひどい死に方をしそうだと誰もが思うだろうし、その通りになる。そういえば黒人やアジア系はろくな役が振られていない。最後のバディとの対決アクションは少し冗長。強盗を差配するケビン・スペイシーは最後までおいしい役で、その周辺のエピソードは笑えるものばかりなのもよい。郵便局に対するコメント。

そしてもちろん、全編を通してカーチェイスが惚れ惚れするほど素晴らしい。俯瞰で出てくるスパゲッティジャンクションも複雑すぎて胸が熱くなる。運転が超絶上手いという一点で主人公は最初から私たちに免罪されている。

 

あと、ベイビーが車を捨てて警察からアクロバティックに逃げるシーンはフリーランナーのようで(ここでもサングラスを盗む)、往年のトップギアBBCの車番組)の車とヒトが競争する回を思い出して懐かしくなった。同じような企画としてはイタリアからロンドンまでセスナと車で争う回もおすすめです。全然違うけど、高齢者向けの車を作ろうといって、自宅と郵便局とビンゴと友達の家にしか行けない車を作るのもよかった。たぶんAmazonPrimeで見れます。

 

 

 

 

 

 

オープンザゲート。<僕たちがやりました>

フィクションに完全犯罪は存在しない。

わたしたちがその罪を知っているからだ。

それは犯した時と同じ仮面を被って彼らを追い、逃げ切ることを許さない。

リンチに遭った友達の復讐として相手の学校に爆弾を仕掛けるという負け犬の発想から物語はスタートし、「そこそこの幸せ」というくだらないものを大事にしているトビオの友情は何度も試され、その度にあっけなく崩される。主人公たちの信頼関係の薄さや、それに気づいていながら結局その関係性に戻っていく姿が非常にリアルだ。犯行前にのんきに「スタンドバイミーみたい」と思ったり、ホームレスに弟子入りしたり、逮捕の危機でありながら最も思い悩むのが恋愛だったり。窪田正孝がとにかく上手くて、暗い話を軽々とみせながら、奈落の底に落ちる恐ろしさも実感させてくれる。今野もすばらしく、最後の一連のせりふなんてパイセンじゃなくて今野が喋ってるようにしか見えない。市橋は上手な役者に囲まれて最初そのつたなさが浮き出ていたけど、どんどんよくなって、思い返せば一番いい役だった。いくつもチャンスがありながら最後までトビオは救済に辿りつくことはできないままで、他者の目線を気にしすぎるとっても日本的な終わり方なんだけど、門を開けるのはいつでもできる、その手がかりはちゃんと描かれていて良かった。

 

 

Day10: おわり(モアルボアル→セブ→成田)

エレナはマラパスクアにバスで移動するのに7時に出る、私は15:30のフライトに間に合うように8時に出ようかなと言っていたので、7時過ぎに2人一緒に出発することになりました。リムは夜まで帰って来ないけど、全部開けっ放しで良いというので鍵は最初そうだったように部屋のドアノブにかけて玄関も閉めずに出る。いいのか。

セブ行きのバスはエアコン付きのがなかなか来ません。2台目のノンエアコンバスが来て見過ごそうとすると、いつもバス停にいるバス少年がエアコンはあと1時間くらい来ない!と妙に確信もって言い切るので、これに乗ることに。初めてのローカルバス。窓全部開いてるので風が顔面を直撃して意外に暑くはなかったですが、椅子がぺたんこだから徐々にお尻が痛くなりました。セブに近づくにつれてどんどん人が乗って来て満席。

日曜だからか思ったより早く到着してしまい、セブに着いた時まだ10:30。エレナがノースバスターミナルに行く前に両替しに行くというSMモールについていってみる。

モールではタクシーが着けてくれた所の近くで荷物が預けられる。空港に行くバス(25php)もあって便利です。ここでエレナと別れてしばしモールを物色。最上階のランチビュッフェと地下のフードコートが賑わっていました。お昼ごはんもゆっくり食べれたし、直接空港に行くより良かったです。

空港で750phpのターミナルフィーを払ったら、残りのペソはお土産を購入して割ときれいになくなった。チェックインカウンターの周辺はお店も座るところも少なく不便な様子でしたが、搭乗口付近は新しめのカフェやお土産屋さんが並んでいたので、早めにイミグレーションまでした方が良かったかな。

f:id:pofits:20170924214344j:image

今日全然写真撮らなかったのでビーチの写真でも。

したかったことができて、無事に帰って来れました。1日遅れだったけど日記書いたことも、いろいろ思い出せる効果がありました。行ってよかった!

 

自分メモ:

 

・フィリピンの海ではいつも見る生物がいつもと違って大きかった。

f:id:pofits:20170924221445j:image

それにみんな自己主張が激しい。かわいいフグがいて写真を撮りたかったのに、フグは他の魚につつかれて追い払われてしまった。海は暖かいけど、縄張り争いが大変。

・エアがすごくもった。水温が高く、流れに逆らってダッシュするような場面はなかったけど毎日プールで遠泳の練習して良かったと思う。2週間前にフリーダイバー講習受けたのも呼吸の意識が高まった。エレナとも話合ったし。

・ターシャやジンベエなど、珍しい生き物を見るのについお金をかけてしまうことがわかった。見せ方が適当だからその時はあんまり感動しないんだけど、後で写真見るとわりと満足。アジアは次はコモドドラゴンかな。お店で会ったイスラエル人のゲストがインドネシアでダイビングするのはsuper expensive だと言っていたのが気になる。

Day9: オスロブ

行くのやめようかとも思ったオスロブですが、もう一生来れないかもしれないしと思ってやっぱり行った。世界で唯一と言われている、ジンベエザメの餌付けに成功しちゃった村で一緒に泳げます。

f:id:pofits:20170923155929j:image

バスは海沿いの道を走る。6:15頃のバスに乗って、モアルボアル→バトー(BATO)(85php)で乗り換え→オスロブ(30php)で9時前くらいには到着。バスはどれもあまり待たずに乗れました。降りてすぐ促されるまま黄色いシャツの制服着た人たちのとこで受付し、シュノーケリング1000php+ロッカーとか施設利用料?200phpを支払う。近くの滝とか行かず、何もレンタルしないでの料金です。この後お姉さんに連れられて行った、名前と国籍をノートに書かされる受付まで結構歩いたので、黄色シャツの店以外にも受付する店はあるかも。殆どはパッケージツアーでセブから来る客かと思いますが。注意事項の書かれた紙を渡されてちょっとしたら船へ。

f:id:pofits:20170923155257j:image

 f:id:pofits:20170923155407j:image

小さい船のおじさんがエサを撒いてます。

私がフィンまで着けた完全装備なので、船頭にあんまり遠くに行かないように言われて入る。

f:id:pofits:20170923155538j:image

ジンベエは常に4匹はいました。もっといる時もあるらしい。毎日同じのが来るのかな。小舟のおじさんがエサまく通りに泳いで来るので、1匹のジンベエを観察するのに夢中になってると横にもう1匹いたり、自分の下を通られたりしてびっくりします。

f:id:pofits:20170923155549j:image

感想は、思ってた通りなんだけど、もちろん海で出くわすのとは違うから、感動するわけではない。何というか、水族館の水槽に入れてもらったみたいな珍しい体験。初めて生のジンベエザメ見た。餌をもらうために全然逃げていかないし、結局他のお客の誰よりも1番長く見てました。動画撮るのに夢中。

気づいたことは、多分餌をまいているせいで海がすごくしょっぱい。エサのおこぼれがあるので他の魚も結構いて、全部大きい。ゴマモンガラとかもいたりする。シュノーケリングとダイビングが選べますが、水深5mくらいの所なのでダイビングにする必要は全くない。

こんなことを言っても仕方ないけど、結構なお金を稼いでいるんだから、もうちょっとシャワーやトイレとかの設備をちゃんと作ったらいいのになと思いました。途中で見たカワサン(滝があって観光客がキャニオニングを楽しむ)の方がバス停付近は整ってたように見えた。村のマンゴジュース売りのおばちゃん達は親切にバス教えてくれたりして、それぞれはいい人たちなんだけど。セブから高いお金を払ってくるお客はそれ相応の設備を使えるのかもしれません。

帰りは行きより少し時間がかかって12時半くらいに。最初に降りたバス停から1kmのガイサノモアルボアルというとこで降ろしてもらう。ショッピングモールかと思ったらスーパーに毛が生えた程度だったので、お土産はボホールで買っておいて良かったです。ここの1番の目玉はマクドナルド。アップルパイと並んでるバナナパイを勧められるまま買ってしまいました。よくわかってる。

 

夜またごはんを食べにパナグサマビーチへ。ダイビングサービスの人達にオスロブの動画を見せたりして喋る。10月の第1週から5月くらいまで中国人観光客がいっぱい押し寄せるらしい。何故かわからない、いま中国でダイビングがきてるんじゃない?とのこと。

f:id:pofits:20170924152120j:image

最後にまた記念写真。

うちに帰ってメキシカンのエレナと写真を見せ合って荷造り。朝一緒にセブ行きのバスに乗る約束をしました。昨日からリムが出掛けてて猫たちの主張が激しい。フィリピンは湿度が高くて器材や水着の乾きがさほど良くないです。日本にある水着脱水機がもっと世界中に広まるといいのに。

 

Day8: 200dive

今日の朝ごはん。Chainsmokersに合わせてウェイトレスが一緒に歌ってる。

 f:id:pofits:20170922212313j:image

昨日お店の女の子に教えてもらったお店が美味しかったのでまた来ました。2階にあって、言われないと入らなかったけど今まで全然見かけなかった日本人が結構いるので、皆知っているんだなと思います。朝着いてすぐ潜ってから朝ごはん食べるから2本目の後、ランチタイムはお腹が空かずジュースですませる。観光客が少なくてどのお店も空いてるので、いい席でだらだらできていいです。

1本目はKassai、2本目はPescador。

 f:id:pofits:20170922212654j:image

 f:id:pofits:20170922212836j:image

今日ボートのゲストは私だけでした。だんだん風が吹いてきて、3本目は船を寄せるのもたいへん。

f:id:pofits:20170922213624j:image

また2匹いるピグミーを見に行きました。

f:id:pofits:20170922213239j:image

 f:id:pofits:20170922213504j:image

上がったら雨も降り出してクルーは寒がる。揺れる船が面白くなって写真を撮りだす。

f:id:pofits:20170922231553j:image

f:id:pofits:20170922231614j:image

これでこの旅のダイビングは終了です。モアルボアルは派手な海じゃないんだけど、今わたしが求めているリラックスがありました。結局毎日3本潜っちゃった。

f:id:pofits:20170922231917j:image

真ん中のヘイゼルが1番頼りになる。

マッサージしてご飯食べて器材まとめてお別れの挨拶してうちに帰ったら、もう1人のゲストのメキシコ女性が戻っていていろいろ話しました。彼女はAIDAのフリーダイビング講習に来ていて、その後マラパスクアにニタリを見に行くという。そこも行きたかったなあ。メキシコのダイビングスポットもいくつか聞きました。行きたいところは尽きない。 

 

 

Day7: イワシ

今日も10分歩いてビーチに7時に行きました。バイクの後ろに乗ってもいいんだけど(10ペソで乗せてくれる。知らない人が)、朝はまだ元気です。

f:id:pofits:20170921141957j:image

2日目になるともう常連みたいな気分。その日しか会えない人ばかりだから、また会えると嬉しい。

1本目、House reef。スケジュール表に私の名前がないよ!て聞いたら、boatじゃなくてshoreの所にあった。イワシを見にいくのはビーチエントリーらしいです。いつもと違って海に入ってからBCDを装着させてくれたので、逆に手間取る。

入ってしばらく発光する変な貝とか見ながら移動してると、気づけば上が暗いので船の下かな?と見上げるとそこはもうイワシ。

 f:id:pofits:20170921232200j:image

これ、話を聞くだけだとふーんと思っていたけど、実際に見たら大興奮でした。無数のイワシが時々一斉にブンって動き出す。ボールというより渦。ときにはその渦の中に自分がいたりして、360℃イワシ。

 f:id:pofits:20170921232259j:image

f:id:pofits:20170921232347j:image

ずっと写真撮ってた。

2本目はMushroom rock。ペスカドール島と反対側に結構移動しました。入って早々透明なエビを教えられたりして、お馴染みの写真練習モード。この時は最終日に予定通りオスロブ行くかどうかばかり考えていた。

 f:id:pofits:20170921232511j:image

昨日一緒だった陽気なスペイン人と朝話したら、これからDumaguete、SiquijorからPanglaoに移動するという。でもまずサンタンデールまで行くのにかなり時間かかるんだよねなんて言ってるのを聞いてたら、オスロブもバスで自力で行くと結局同じように乗り換えるらしい。セブから行くより遠いかも。かといってツアーで行くと結構お金かかる。そのスペイン人はオスロブは興味ない、餌付けしてるサメだからと最もなことも言っていた。そうなんだよね!とすぐ人の意見に左右されるわたし。自然に出会えるまでジンベエは待つべきか…。もうちょっと悩みます。

 

3本目、Tongo。ちょっと波が立ってきた。

f:id:pofits:20170921232607j:image

ところでこの旅行の前に指示棒を買いまして、それは直近で神子元で潜った時にグループで私だけがサメとすれ違ったのに叫んでも気づかれず、鳴り物の必要性を感じたからなのですが、今の所ほぼ無用の長物でした。それがここモアルボアルで寡黙な現地ガイドとずっと2人で潜っており(たぶん閑散期で、他のゲストはOWばかりだから)、私がタコやイカが大好きなことをみてとったガイドが大きなタコが隠れている穴を見つけて嬉々として教えてきたので、ついに棒を使う機会に恵まれました。それがこのダイブです。デリカシーのない指示棒で触られたタコさんは墨を出すこともなく逃げていきました。

タコとかイカを見るとときめくんですよね。あの、一瞬で色を変えるところとか、X-MENかよと思います。ファインディングドリーでタコを大活躍させたピクサーの人も同じ気持ちだと思います。

f:id:pofits:20170921202329j:image

3本目では明るいスペイン人とも再会。この時こんないい天気なのに、直後すごい土砂降りに。帰る時も足元が全く見えない瞬間があったので、フィリピンではライト持参で生活するべきと思いました。そういえばマッサージのおばちゃんも、暗くなったら炭鉱夫みたいなライトを頭に付けていた。

 

 

Day6: ペスカドール島他

朝起きたら喉に痛みが。このままだと風邪ひくやつです。原因はエアコンです。それに1人だとご飯あんまり食べなくなっちゃうんですよね。

f:id:pofits:20170920205020j:image

トライシクルにも個性を表す。

モアルボアルはポイント全部近いようで、毎回お店に戻る方式でした。7:30、10:30、14:30の3本。毎日違うポイント行くけど、1本は必ずペスカドール島だそうです。ここは早朝の1本があるけど、他のお店はためしに2軒聞いたらどちらも9時台と14時台の2本立てでした。

f:id:pofits:20170921111302j:image

モアルボアルといえばイワシ玉ですが、昨日海を見ながらRimuがここ数年サーディンはペスカドール島からビーチ側に移動してるという。他のお店でスケジュール聞いた時も、なんか別のポイントを指してここがイワシのいる所って言っていました。

f:id:pofits:20170920210253j:image

はじめて見た。

1本目、White beachで入ってすぐのところ。そのあとはなんかもう覚えていない。結構テンポよく流れていた。7:30から海に入れる幸せ。

2本目はPescador islandでした。確かに魚の島。ガイドが見せてくれた巨大なウミウシにびっくりしてたら33mで、3本目もあるのにこんな所で妖怪ウミウシの為に窒素を溜めるわけにはいかないと慌てて深度を上げたり。カエルアンコウとか、フィリピンはどれもすごく大きいです。ペスカドール島は深い所は全然見通せないんだけど上の方は明るくて、20mでも10mくらいの所にいるように感じる。総じて深めの移動だった。

f:id:pofits:20170920212836j:image

 f:id:pofits:20170920213040j:image

3本目、Talisayにてアシスタント的な子がガシッとフィンを掴んで見せてくれた初めて見る激しく動く魚。なんかフリソデエビみたいと思ったらハーレクインフィッシュと言っていた。

 

ランチ休憩中にパナグサマビーチを探検しました。静かなリゾートの部屋を見せて貰って、次くるならここも良いねと思ったり。

ダイビングサービスも何も調べずに来たし、様子を見て他のお店に変えてもよいかとも思っていたのですが、お店や同船のお客も雰囲気よく、ガイドがほぼマンツーマンで、イワシの群れ見たいって言ったら明日の朝行ってくれるというのでここで続けて潜ろうと決めました。

f:id:pofits:20170921111301j:image

お昼頑張って食べてたら犬が最終的に3匹寄ってきた。