いくらでも魚はいる

感想文と旅行

Day10: おわり(モアルボアル→セブ→成田)

エレナはマラパスクアにバスで移動するのに7時に出る、私は15:30のフライトに間に合うように8時に出ようかなと言っていたので、7時過ぎに2人一緒に出発することになりました。リムは夜まで帰って来ないけど、全部開けっ放しで良いというので鍵は最初そうだったように部屋のドアノブにかけて玄関も閉めずに出る。いいのか。

セブ行きのバスはエアコン付きのがなかなか来ません。2台目のノンエアコンバスが来て見過ごそうとすると、いつもバス停にいるバス少年がエアコンはあと1時間くらい来ない!と妙に確信もって言い切るので、これに乗ることに。初めてのローカルバス。窓全部開いてるので風が顔面を直撃して意外に暑くはなかったですが、椅子がぺたんこだから徐々にお尻が痛くなりました。セブに近づくにつれてどんどん人が乗って来て満席。

日曜だからか思ったより早く到着してしまい、セブに着いた時まだ10:30。エレナがノースバスターミナルに行く前に両替しに行くというSMモールについていってみる。

モールではタクシーが着けてくれた所の近くで荷物が預けられる。空港に行くバス(25php)もあって便利です。ここでエレナと別れてしばしモールを物色。最上階のランチビュッフェと地下のフードコートが賑わっていました。お昼ごはんもゆっくり食べれたし、直接空港に行くより良かったです。

空港で750phpのターミナルフィーを払ったら、残りのペソはお土産を購入して割ときれいになくなった。チェックインカウンターの周辺はお店も座るところも少なく不便な様子でしたが、搭乗口付近は新しめのカフェやお土産屋さんが並んでいたので、早めにイミグレーションまでした方が良かったかな。

f:id:pofits:20170924214344j:image

今日全然写真撮らなかったのでビーチの写真でも。

したかったことができて、無事に帰って来れました。1日遅れだったけど日記書いたことも、いろいろ思い出せる効果がありました。行ってよかった!

 

自分メモ:

 

・フィリピンの海ではいつも見る生物がいつもと違って大きかった。

f:id:pofits:20170924221445j:image

それにみんな自己主張が激しい。かわいいフグがいて写真を撮りたかったのに、フグは他の魚につつかれて追い払われてしまった。海は暖かいけど、縄張り争いが大変。

・エアがすごくもった。水温が高く、流れに逆らってダッシュするような場面はなかったけど毎日プールで遠泳の練習して良かったと思う。2週間前にフリーダイバー講習受けたのも呼吸の意識が高まった。エレナとも話合ったし。

・ターシャやジンベエなど、珍しい生き物を見るのについお金をかけてしまうことがわかった。見せ方が適当だからその時はあんまり感動しないんだけど、後で写真見るとわりと満足。アジアは次はコモドドラゴンかな。お店で会ったイスラエル人のゲストがインドネシアでダイビングするのはsuper expensive だと言っていたのが気になる。