いくらでも魚はいる

感想文と旅行

2004年6月頃

ロンドンで最初の3ヶ月を過ごした後、ニューカッスルに行くまでの1ヶ月をポルトガルのEUROのために空けていた。宿が見つけられずにいたらリスボンにいる父の知人の家に泊めてもらえることになったものの、easyJetで取れたチケットはFaroという南の港町行きだけだった。イギリス以来初めての一人旅におびえていた私はバスを降りた瞬間を待ち構えていたおばあちゃんに勧められるままに宿を決めてしまい、試合の見れる場所を求めてうろついた。マリーナ沿いのひらけたところに大きなスクリーンが設置されていた。この時期、どこにでもこういうスクリーンがあって、毎晩広場やビーチでサッカーが見れるようになっていた。

デンマークスウェーデンの試合はもう後半で、デンマークがリードしていた。ここではたいして観ている人はいなかった。そのグループは最後まで抜き出た国がなく、同時進行中の試合の結果と合わせて上位2か国が決まる。もう1試合はイタリアが勝っていた。ところが終了ぎりぎりになって、スウェーデンが同点に追いついてしまった。ポイントで並ぶとゴールの少ないイタリアが3位になることがわかっていて、試合終了した瞬間にITALY OUT!と喜びの声が上がった。ドイツとイタリアが負けるとみんな喜ぶ。そのグループは北欧2か国が仲良く勝ち上がった。次の日すぐ電車に乗ってリスボンへ行ってしまったので、ファロの思い出はあの試合だけだ。イタリアがスウェーデンに負けてワールドカップに出れないニュースを見て思い出したこと。