いくらでも魚はいる

感想文と旅行

no conditions <リメンバー・ミー>

ピクサーではトイストーリー3が一番好き。

いま、スペイン語習ってる。

そんな私のために作られたかのような映画、「リメンバー・ミー」の原題は”COCO”。それだけで、もう何かを感じて途中から泣けるはずです。

脚本は申し分なく、dia de los muertos(死者の日)にだけ繋がるあの世は魅力的で、フリーダ・カーロの自分ばかり出てくるショーは前衛的で、立派なアゴを持つ頼れる男の化けの皮がはがれるに至るくだりは名人芸的にうまい。final deathの前にまだもう一度社会性を楽しめる世界は素敵だし、条件のつかない愛だけが本物だという強いメッセージも私たちの心を震わせる。

しかし何と言ってもこの映画で一番好きなところは数回ある歌の場面で、どれもとても良い。リヴェラ一家は音楽を禁じているのに、いざとなると皆を喜ばせるエンターテイナーにもなれる。ラティーノだもの。素晴らしいのは歌い出すまでの逡巡がとても緻密に描写されているところで、ひどく緊張して実力を発揮できず、無残に失敗してしまうのではとこちらもどきどきしてしまう。そして観衆を魅了する快楽。話の途中で無闇に歌い出したりしないピクサーだからこそできる匠の技だ。大好き。