いくらでも魚はいる

感想文と旅行

タオ島4: おわり

f:id:pofits:20181103221808j:image

最終日は透明度も悪くなってしまい、のんびり過ごすおまけのような日。
f:id:pofits:20181103221756j:image

最後の船上ランチ。今の時期だけ私用で来ている日本人のコックさんが和食を作ってくれる。

f:id:pofits:20181103221804j:image

夜ごはんの後はどこかで見たマンゴスチンの棒アイスを求めて町をさまよい、途中我慢できずにココナッツのアイスも食べ、マンゴスチンもちゃんと見つけてまた食べる。その後前日と同じマッサージ屋さんで身体を伸ばされました。どのお店も1時間300thbくらい。

日本から来ている友人とこの日でお別れし、人手不足の私は今回は3日でダイビングは終了。f:id:pofits:20181103221800j:image

翌朝フェリーで帰路へ。サムイ空港で数時間あったものの、誰もいない小洒落たお店でガパオ食べたり、最後のマッサージしたりしてたらあっという間に時間になりました。シンガポールの最寄り駅に戻ってきた時、朝はまだタオ島にいたことを思い出して切なくなる。また行きたい。